第86話 ヒルルクの桜と受け継がれゆく意志!

いきなりのタイトル、わからない人には「何のこっちゃ!?」でしょうね。

わかる人はわかりますよね。❝ONE PIECE❞のDr.ヒルルクの心に響く言葉が聞ける、第86話です。

人は いつ 死ぬと思う?

心臓をピストルで撃ち抜かれた時… 違う!
不治の病に犯された時… 違う!
猛毒キノコのスープを飲んだ時… 違う!

人に忘れられた時さ…。

これを聞いたとき(観たとき)思ったのは、

命を失ったときが人の終わりではなく、人の記憶から消えたとき、それが本当の死ということなんだなと。

そしてそれは、誰かが自分のことを覚えていてくれて、その志(信念でも、生き様でも)を継いでいてくれる限り、生き続けることが出来るということ。

こう解釈しました。

イケてますね。Dr.ヒルルク!チョッパーでなくても、男惚れします。

彼の様に生きたいものですね。

TOZO 永井敏


ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です