『燃えよ剣』

言わずと知れた、司馬遼太郎の歴史小説。

組織作りの異才をもって幕末最強の武装集団を作り上げた、新選組副長・土方歳三の生涯を描いています。

この春に映画化され、5月に公開される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で公開延期となっています。

小説は何度読んだ憶えてないくらい好きですから、映画化を耳にしたとき、まず「大丈夫か?」と思いましたね。

小説を台無しにしないかと・・・。

私の好きな土方のセリフは、映画の脚本にあるのでしょうか・・・。

「やってみれァ、わかる。これだけは、口ではわからねえ。とにかく、斬られねえようにするより、斬る、ってことだ。一にも先、二にも先、三にも先をとる。」

「おれはどこか、片○な人間のようだ。この歳三は、おそらく生涯、恋など持てぬ男だろう。人並なことは、考えぬことさ。」

この二つは、ぜひ脚本にそのままあって欲しいものです。

TOZO 永井敏


ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です