実質を除外したある物の空間的造形 3

このシリーズでは初めての事務所。住宅のトラディショナルな形から大きく距離を置いたデザインです。パースの面は左右対称ですが、間取りはかなり複雑な造りとなっています。

両サイドの斜め壁はデザインだけでなく、配管・配線スペースとしての機能を合わせ持つプランとなっております。

こういった建築物の場合、特別な納まりが多数出てまいります。それぞれを綿密な打ち合わせにより、2重、3重の構えで、予想される問題点を解消する設計と、施工になります。

TOZO 永井敏


ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です