コロナ禍でも、世界はひとつになれないのか?

立春ですね。今日から春です。コロナ禍での3度目の春になりますか・・・。

そんな中でも人は戦争をしたいらしい。

ロシアがウクライナ侵攻を企てていると言われてから、かなりの時間が経ちました。思い返せば昨年秋、米軍とウクライナ軍が共同軍事演習を行った頃から、何やらキナ臭かったですね。

『ウクライナ』幾度となく戦火にのみ込まれた悲しい国。(凍らない港がありますからね。どの国もみんな自国に組み入れたいことでしょう。)

それがいま、ロシア軍に取り囲まれています。

でも、ウクライナもヨーロッパで見れば3番目に大きな軍隊を持つ国です。気の毒だとばかりは言えません。

皆さんはこれをどう見ますか?

そうです。結局、みんな戦争がしたいのしたいのです。

パンデミックに何も学ばなかったのか?

愚かなことです・・・。

悲しみから、昨日の文章を書きました。

❝天に届く人(死体)の山に、こだまする憎しみさえ❞

❝❝かき消す爆発音❞❞

死ぬ気で・・・、誰も死なないことを祈りましょう。

TOZO 永井敏


ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です