一人で大人 一人で子供

この曲好きです。ハイロウズの曲。

心理学を学んでいる方のブログにはこう書いてありました。

この『一人で大人一人で子供』というフレーズを聴いたとき、人の成長過程を一言で言い表す、真島昌利のセンスに脱帽したと。

人はまっさらな状態で生まれてきたそのときから、見たり聞いたり、行動したり、いろんなものを身につけて大人になっていきます。それが大人になるということですよね。

でも、そこからが大変。

生きやすくなるために身につけてきたもののはずが、『なんだかおかしいぞ!』と気がつきます。『息苦しい。』とかね。

だから、そこからは余計なものをそぎ落としていく過程に入るそうです。

でも身につけてきたものや、手に入れたもの、学んだものを捨てるって、とても勇気のいることですよね。

でも真島はサラッと歌っちゃうんです。

『絶望なんてあたりまえ。』ってね。

『あきらめるのは簡単だ。 簡単すぎてつまらない。』とあるように、

一度ここを超えるってことが大事なんだと思う。

だって、負けるかよ!って思えてくるから、絶望じゃないんだもの。

TOZO 永井敏


ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です