立体 その輪郭の強調

建物は基本、立体となるのは当然です。3次元ですね。

このカタチを際立たせる手法に外部照明があります。

事務所・店舗などには欠かせません。

それぞれの面の色調が、時間により変化していきます。

しかしその照明器具の位置は、当然現場合わせとなります。

照明器具の選定は、設計段階から「LEDだから、広がらない。それなら器具の数を・・・。」などと考えられます。

ですが最後の取り付けにおいては、立体が最も際立つ位置と角度を、慎重に探りあてて決めていきます。

内部の照明計画は、照度分布図の作成でイメージできますが、外部照明だけは、光源を当ててみるまで分かりませんね。

TOZO 永井敏


ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です