緻密さと荒々しさ

住宅の壁内装の仕上げで最もポピュラーな材料は、プラスターボードにクロス(壁紙)貼りですよね。(ちなみに建築業界では、釘やビスではり付けることを「張る」と表し、のりやボンドではり付けることを「貼る」と表現します。)

これは「張る」と「貼る」の合わせ技とでも言いましょうか。

整然と貼り付けられたクロスの一部に、もともと船の材料として使われていた木材をランダムに荒々しく貼って(張って)います。

壁面のアクセントには、クロスの張り分けやタイル貼りなど様々ありますが、なんの規則性もなく、カタチも色も様々で、かつ粗削りな材料を張るのも悪くないなと感じました。

建物用途は事務所ですので、壁と天井の境目にピクチャーレールが入り、天井目地とはずれてしまうことに迷いましたが、レール位置を優先するのと、部屋の使い方から考えて、真正面から見ることは稀であると判断し、レール中央に配置することでご了解を頂きました。

もちろん住宅にも合うと思います。いかがでしょうか?

TOZO 永井敏


ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です