善人と悪人の違い 1

工務店/設計事務所という職業は、とにかく人とのつながりが大切な職業です。

お施主様に始まり、行政の方、職工の方、近隣の方、同業者の方。どのお方も大切な方々であり、この人間関係なしでは、建物は完成致しません。

我々の職種では、品質・コスト・安全・工期、これらの管理(監理)をバランスよく行うことが最も大切と考えるなかで、やすやすとは決めつけたくはないですが、人間ですから善人もいらっしゃれば、そうでない人もいらっしゃることに気がつきます。

そこで善人と悪人(良心に欠ける人)の違いを調べてみました。

出典:菜根譚ー講談社学術出版によりますと・・・。

善人というのは、日常の起居動作が安らかで、よく整っている。 それに対し、悪人というのは、そのなすことすべてが、ねじけて考えと道理に反している。 とあります。  

仕事はどんなことでも大変ですが、その中でも安らぎや、達成感を求めたいと思うのが人情です。

心の安らぎの観点からお話すれば、こうあります・・・。

善人は心が安らいでいるので、すべてにおいて穏やかで、和らいでいるのに対し、 悪人は、思い通りならないことへの苛立ちに支配されていて、かわいそうなことに、常に心に葛藤があります。 そうしますといつも敵の中にいるような心持ちであり、 いつも心が緊張し、声までも荒々しくなります。 とあります。

「ご縁」。こればかりは自分ではどうにもなりませんが、願わくば善人とお仕事をしたいと思うのは、誰もが思うことです。

おかげさまで、弊社TOZOにおきましては、めぐり合うすべての方が善人でいらっしゃいます。これは本当に、いくら感謝してもしきれない、とてもありがたいことでございます。

TOZO 永井敏


ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です