S様邸 進捗状況 建て方完了

以前にも書きましたが、

当該現場の構造体において、増築部分の屋根勾配と既存部分の屋根勾配を変えつつ、一つの屋根として機能的且つ美しく納めることが最初の課題でした。

ただ単純に違う勾配を重ねるだけではなく、それぞれの屋根の破風・鼻隠をいかに連続して美しく自然に見せるか、これは現場合わせ無くしてはできないこと。

棟梁の腕の見せどころです。

ぴったりキマっていますね。

「現場合わせ」というと、何やら行き当たりばったりみたいな印象を受けやすいですが、既存に対して各方面からの採寸・検討を繰り返しながら決定していく「現場合わせ」は、机上での計算では絶対にできない、匠の技と言えます。(ここでは設計は沈黙します・・・(汗))

この人材・組織こそが、弊社の誇りです。

TOZO S


ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です