ヴィクトル・ユーゴー 未来とは

ヴィクトル・ユーゴーをご存知でしょうか?フランスの小説家・詩人です。

レ・ミゼラブルを書いた人、といった方が分かりやすいでしょうか?

私は彼の詩や小説よりも、彼が残した言葉に激しく共感します。

「未来」というのは、いくつもの名前をもっている。

弱き者には「不可能」という名。

卑怯者には「わからない」という名。

そして勇者と賢人には「理想」という名がある。

私は、ひとが闘いをやめたときが、敗北したときだと信じて、今まで生きてきました。(挫折は何度もありましたが、すべてスリップダウンだと自分に言いきかせ、先をみる努力をしてきたつもりです。つもりですので、客観的に見たらツッコまれそうですが。)

ということは・・・

当然、「未来」を「理想」という名にする努力を、忘れてはならないと思います。

今日を、今日しかないんだと思い、毎日を大切に生きて行きます。

TOZO S


ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です