H様邸 杭地業工事開始

天候にも恵まれ、工程表通りH様邸杭地業工事を開始致しました。

まずはプラントの配置と安全確認。ボーリングデータからの支持層を再確認。

基礎の構造から杭天端は2通り有り。間違いの無いよう事前にマーキングしていた基準レベル墨からの高さを、オペレーターさんと確認。

確認、確認、また確認、の管理ですね。

施工チーム


ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

実質を除外したある物の空間的造形 2

基本設計と実施設計

この二つの作業のそれぞれの間に御見積をさせて頂いたり、完全に設計が完了してから御見積となる場合、またはそれぞれ平行作業となる場合も。

考えてしまいます。どれがお施主様に最も喜ばれるのだろうと。

考えても、これは目標完工期日もあり、なかなか難しい問題ですね。一つとして同じパターンはありません。(いきなり、エスキス図面から着手してほしい!なんてときもあります。結局、作図することになるのですけどね。)

コンセンサスのない設計・施工はあり得ませんもの。

上は、基本設計と実施設計の間によく使うテクスチャー無し造形図です。

本日、基本設計図と共に提出させて頂き、ここまではご承認を賜りました。あとは実施設計・御見積です。『O棟梁、も少し待ってね。』

『早くしろ?わかってます。はい。(>_<)』

設計チーム


ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

明日より H様邸杭地業工事開始

明日より、杭地業工事の開始となります。

担当が何やらやっています。BM(基準レベルポイント)の確認をし、ベース下端及びスラブ(ベタ基礎)下の杭の高さを再チェック。建物の屋根・床からのライブロードが柱を伝わり、基礎へ流れ、杭に伝わり、支持層となる堅牢な地盤に建物を持たせるように…。そうそう。それでよし!管理のミスは許されませんよ。

よしよし、やっているな!(-_-)横目で確認しているところをさらに確認。

それでも更に、『セメントの配合計画はチェックしたのかな?』とさりげなく机の上の目をやる。

うんうん、やっていますね。でもTOZOのクオリティーは現場での勝負だぞ!そのための机上での確認でもあるけれどネ。わかっておれば良し!

段取り八分の仕事二分。さあ、明日だね。

TOZO社長


ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

人と人のつながり イマジンドラゴンズ

好きなバンドの一つに、イマジンドラゴンズがあります。彼らの曲は人の心の悪いところと良いところを、聴く者に真正面からぶつけてきます。

『Demons・ディーモンズ』

どんなに誠実な人間でも、時として人をうらやんだり、ねたんだり、そしてその醜い自分にも気づいているはずです。でもそれは心の奥底にしまい込んでしまう。それを彼らは正面から歌いあげるのです。
 
実際に社会の中で生きていくためには、隠し通さなければならない感情です。でも、こういった感情が全くないという人はいないと思います。
 
そんな感情があることを前提としながらも、人として誠実、思いやりをもって生きていきたいと歌う彼らに、私は共感するのです。
 

今日は、いろいろな人とのやり取りがあったなかで、『自分はこうありたい。』と思う反面、あえてその裏側を歌った、大好きな曲をご紹介いたしました。 会社のブログとしては、相応しくない内容かもしれませんが、我々TOZOが、常に何事にも正直であり続けたいという会社であることを言いたくて・・・、ただ言いたくて、書きました。

TOZO S


ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

H様邸 地鎮祭

本日、H様邸新築工事の地鎮祭を、無事むかえることができました。本当に喜ばしいことでございます。

工事の着手前に土地の神々の霊(たましい)をしずめ、敷地を清め祓って,永遠の加護と工事の安全成就を祈願させて頂きました。

明日から遣り方です。さあ気を引き締めて、完工まで寸分の油断なく、一同、心を新たに、

それぞれのポジションに就きます。

施工チーム

ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

RC(鉄筋コンクリート造)ブリッジの設計施工

段差のある敷地において、それぞれの高低差に合わせて設計施工するとします。当然段差を解消し、それぞれの建物に容易に行き来き出来る計画が望まれます。

そんな時は当然、RC(鉄筋コンクリート造)造のブリッジ・スロープが必要になります。弊社では純木造建築を主とさせていただいておりますが、ブリッジ・スロープ以外でも、構造計算適正に行い、RC造も数多く設計施工致しております。

住まいにおける、木の質感と住み心地は、もちろんTOZOの目指すところではありますが、RC造の堅牢さが必要な場合、柔軟・臨機応変に対応致します。

今回は、思いきり『CM』になりましたが、何卒ご容赦を。

TOZO社長

ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

難しい設計と施工とはなにか?

難しい設計とは何か?難しい施工とは何か?

お施主様と打合せをさせて頂いている中で、『これは難しい。』と考えることはしばしばあります。

この敷地ではこういうプランにしかならない。そうしないと施工者として完工できない。或は、コストが上がり上がり過ぎるなど、ネガティブなことを言い出したらきりがありません。悩みに悩みます。

ここからがTOZOです。

行き詰ったら、お施主様の最も望まれていることに立ち返り、出来る、出来ないにかかわらず、設計・施工一体となって、まず意見を出し合います。ブレインストーミングってやつですね。まず、出来ないからは始めない!『創意工夫』、『固定概念の排除』、それでいて『古典的納まりから逸脱しない』。かたい結束の設計と施工。

偉そうなこと書きましたが、これがTOZOが続けてきた、続けていく、御仕事です。

玄関廻りの創意工夫

デザインのご要望は和モダン。玄関前に風除室が欲しい。風除室を計画していたのでは建蔽率オーバーとなりOUT。完全に密閉された風除室は法的に無理。

ではどうする?

庇先端を1mジャストとし、建築面積に不算入。『近所の方々から、よくお野菜とかを頂くんだけど、鍵をかけないわけにもいかないしね。』とのお施主様のお言葉を再認識。

結果:大きな庇と、閉鎖的にならない和調の、鉄筋コンクリート造スタッコ仕上げの堅牢な風除け壁。『ここに頂きものを置かせてもらう空間。これだ。』。

近所でも人気者のお施主様の玄関には、今日もいろいろなお心遣いがあるのかな。

設計チーム・施工チーム

ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

猫と暮らす家

ワンコもニャンコも好きですが、どちらか?と尋ねられれば、「ニャンコ」です。

子供のころから、家には当たり前のようにニャンコが居ました。遊んだり、ほっといたり。ほっとかれたり。

ほっといても元気にやっていました。(猫ですから、かまってくれ!は気分次第。それでもいいのです。かわいいから。)

そんな猫との生活に、現在は様々なグッズが存在しますが、設計者となればそれを建物に組み込みたいと思うのは当然でしょう。

これを考えるとき、最も大切なもの、それはいかに猫にストレスを与えないかということです。

フローで書くと、1)ストレスは運動不足から。 →2)部屋の面積には限りがある。(外は危険。) →3)部屋を3次元で考える。

『空間を3次元に。』これがキーワード。

今、猫が横にいたら、図面、捗るんだろうな。

設計チーム

ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

仕事のミス。許してもらいたい人。許せない人。

仕事で仲間にミスがあったとします。この時の気持ちは、ミスした側は許してもらいたい。ミスされた側は許せない。となります。

もの造りでは当然のことですが、補正・修正ということになります。

しかしそれだけでよいのか?補正・修正すればよいのか?違いますよね。

なぜミスをしたのだろう?事前にミスしない方法はなかったのか?と考えなくてはなりません。

例えば、工事の現場は命がけ、なんて言葉は通用しません。安全が第一なのですから。品質もしかりです。また、設計と現場の整合性にも当てはまります。

ミスした仲間を許せない気持ちは、ときに大きく増幅します。会社の信用にもかかわります。ですが、設計・施工に関していえば、それらをすべて解決する方法を考え、早々に先に進む必要があります。工期は限られているのですから。

ここからが本音です。

許すのは難しい。でも許さない自分の時間は、「怒り」、「絶望感」、「信頼の喪失」これだけになってしまいます。

時間のないなかでこれらを消化し、前に進むことのなんと難しいことか?

それでも前に進まなければなりません。トラブルのとき、心の整理を遅滞なく行い、解決策を見出し、そして同じミスを繰り返さない方策を考え、

舵を切る。

これを、もっともっと早く、会得したいと考えた、一日でした。

施工チーム

ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)

「今はできない」と「絶対にできない」の違い

モチベーションを高めたいときに限って、「今はできない。」と投げ出したくなる時があります。(仕事なのにお恥ずかしい。でもアイデアに行き詰ったときとか、そんなときもあるのがホントです。)

そんな時はこう考えるようにしています。

「今はできない。」を逃げ道にしない方法が一つ。この言葉に安易に身をゆだねない考えを持つことです。

明日の、一週間後の、一か月後の環境なんて誰にも分らないのだから。

設計・施工という生業は、先読みが如何にできるかによります。「今はできない。」のなら、「今はできない。」を、明日必ず取り返す覚悟で、今を生きます。

TOZO S

ブログTOP
株式会社 藤蔵ホーム(燕市・木造新築住宅・工務店)